現在表示しているページ
トップページ 以下の 第25回 文房具アイデアコンテスト

第25回 文房具アイデアコンテスト

第25回 「文房具アイデアコンテスト」に多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。
応募総数4,725作品(一般部門…2,841作品、ジュニア部門…1,884作品)という多数のご応募をいただきました。
厳正なる審査を行いました結果、以下の受賞作品が決定しましたのでお知らせいたします。
ジュニア部門では受賞作品(グランプリ、優秀賞、佳作)以外よりサンスター文具全社員の投票で選出した「社員特別賞」を設けました。
つながる

結果発表の映像はこちら

第25回 「文房具アイデアコンテスト」に多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。
応募総数4,725作品(一般部門…2,841作品、ジュニア部門…1,884作品)という多数のご応募をいただきました。厳正なる審査を行いました結果、以下の受賞作品が決定しましたのでお知らせいたします。
ジュニア部門では受賞作品(グランプリ、優秀賞、佳作)以外よりサンスター文具全社員の投票で選出した「社員特別賞」を設けました。

一般部門グランプリ

「Tapemark」

→ 詳細はこちら

石川 和也(イシカワ カズヤ) 様

「Tapemark」

※サンスター文具がイラストを元に作成した試作品です

一般 優秀賞

審査員特別賞

一般 サンスター文具賞

「connect note」

→ 詳細はこちら

金子 怜詩(カネコ サトシ)様

「connect note」 画像

※サンスター文具がイラストを元に作成した試作品です

ジュニア部門 グランプリ

「∞消し」

→ 詳細はこちら

一之瀬 詩乃(イチノセ シノ)様

「∞消し」画像

※サンスター文具がイラストを元に作成した試作品です

ジュニア部門 優秀賞

ジュニア部門 佳作

ジュニア部門 社員特別賞

「モチベーション シャープペン」

→ 詳細はこちら

サンガー 梨里(サンガー リリ)様

「モチベーション シャープペン」 画像

※サンスター文具がイラストを元に作成した試作品です

審査員よりの総評

■ 安次富 隆 様
いま私たちは、新型コロナウイルスによって大きな危機に直面しています。今こそ人と人が力を合わせて、この問題を解決しなければなりません。今年の「つながる」というテーマには、人と人がつながることも含め、幅広い意味があります。応募作品にも、実に多様な「つながる」がありました。アイデアの種類の多さだけでなく質も高くなっており、惜しくも受賞を逃した作品にも優れたアイデアが数多くあったことをお伝えしておきます。

■ 有限会社ザリガニワークス 武笠 太郎 様 坂本 嘉種 様 総評
毎年皆様の作品にとても幸せな気持ちを頂けるこのアイデアコンテストですが、今回のお題「つながる」からは、人や環境との繋がり、人とモノとの付き合い方などを取り上げた誠実で優しいアイデアが多く生まれていて、そこに込められた作者の皆様の視点、思いに、今年は特にすっと背筋が伸びるような心地よく引き締まる感じを頂きました。僕らは皆一人で生きているわけじゃないんだよね。

■ ヒャダイン 様  総評
今回「つながる」ということですが
奇しくもステイホームな昨今、「つながる」は一層意識されるワードではないでしょうか。
たくさんの作品を楽しく拝見させていただきました!
ほんとみんなすごい!アイディアって無限にあるんですね。人間の脳みそってすごい。
そんな中、「褒めてほしい」作品が多い印象がありました。
誤解しないでほしいのが、作品自体を褒めてほしいってことではなくて
日常において自分の頑張りや苦労を周りの人に褒めてほしい、認めてほしい、っていうこと。
周りに感謝を表す文房具だったり、自分の勉強を褒めてくれる文房具など。
LINEやZOOMなど、人とつながるツールは増えたけど
肝心なことを伝えようとするのはツールではなくて自分の気持ちや勇気です。
その勇気を後押ししてくれる文房具がとても多く、
みんな、想いを伝えたいし、伝えられたいんだなあと感じました。
「つながる」意味を改めて考えさせられました。

■ 木原 陽子 様 総評
初参加です。とても楽しかったです!文房具はこうあるべきと、いつの間にか思い込んでいたんだなあ、としみじみするくらい、みなさんの発想が豊かで新鮮でした。
「何にもとらわれる必要はないんだ!」と教えて頂いた感じです。
特に子ども達の作品の数々は…本当に見れて良かった。どうもありがとうございました!

このページのトップへ戻る