一般部門 グランプリ「ふせんむし」 山本 昴二様

一般部門 グランプリ「ふせんむし」 一般部門 グランプリ「ふせんむし」

説明

6つの機能をもったしゃくとりむしのような付箋。 ふせんむしは、新しい付箋の使い方を提案するふせんのデザインです。両端に糊がついており、しゃくとりむしのように、中心部分を曲線状にして貼り付けることが可能です。このような仕組みと形状により、従来の使い方に加えて、①付箋を目立たせる②潰す③書籍・ノートを閉じる④まくといった使い方を利用者に提供できます。可愛らしい表情と形の付箋でオフィスに少しスマイルが増えたら、もう一息頑張れそうな気分になれます。

審査員からの評価

■ 安次富 隆様
ふせんむしのアイデアは、誰でも思いつけそうで、思いつかなかったアイデアです。そういうアイデアに人は最も驚き、喜びを感じます。のり面を一カ所増やしただけで、付箋でできることが一気に増えるというアイデアは、付箋をシャクトリムシのように見立てて遊んでいたら、脚が足りないことに気付き閃いたのではないでしょうか。遊び心や想像力の豊かさこそが、アイデアの源泉になることを、ふせんむしは教えてくれます。


■ おかだ萌萌様
従来の付箋に一箇所のりの部分が増えただけで、ここまでたくさんの使い方が生まれるのだと驚きました。デザインもとてもシンプルで可愛いものなので、色や柄などで色々とパターンも出来そうですね。実際に商品になっているところをリアルに想像できました。ふせんむし、使ってみたいです。


■ ザリガニワークス様
ちょっとした工夫で非常に豊かな機能を生み出しています。でも、それは地味でありながら進化として急激過ぎるとも言え、それだけでは人は良さを理解出来ない。「ふせんむし」というネーミングと顔でキャラクター化されたイメージは、そんな極端な進化にすんなりとユーザーを導く。物の魅力を身近に、強力に伝えています。さらにその愛らしい顔にも剥がす目印の機能があるなんて、纏めが何もかも鮮やか!もはや憎たらしいです。笑


■ 村上広樹様
単なる目印としてだけでなく、メモに、読書に、思考の整理に、とマルチに活躍する付箋。既に多くの商品が開発され、今回のコンテストにも多数のアイデアが寄せられましたが、その中でも「ふせんむし」は一際目を引く作品。糊を両端につけるというシンプルな工夫ひとつで、「ここまで機能、表現を豊かにできるのか」と驚かされます。「にこり」とした“顔”のデザインも心地よく、「スマイル」のテーマにぴったり。恐れ入りました。

メインページへ戻る