現在表示しているページ
トップページ 以下の 会社案内 以下の 環境への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み

サンスター文具では、事業活動・サービス・製品を通じて、ユーザーの皆様から信頼される企業を目指し、
環境保全のための様々な活動を積極的に推進しています。

環境配慮設計商品の開発

サンスター文具では、資源の有効活用と分別廃棄対応を目的に、1つの工具で簡単に解体、
分別廃棄ができる製品の開発やパッケージに古紙パルプを配合した製品など、環境に配慮した設計に取り組んでいます。

ラカット
ラカットは磁石を内蔵したプラスチック製のテープカッターです。
これらの部品の組立には1種類のネジが使用され、解体時にひとつの工具で容易に素材分別ができるようになっています。
また使い方などをパッケージの台紙に記載し、取扱説明書に使用される紙資源を削減しています。
スティッキール ルーペ LK G
スティッキール ルーペ LK Gは、高品質なアクリル製レンズの
スティック型ルーペです。
レンズの生産には、過去に使用した精密レンズの金型を利用することで、 金型作製に使われる資源を削減しています。

環境に関するあゆみ

サンスター文具が、環境に配慮した文具開発に取り組んだのは1990年から。
この年、当社は創業50周年を迎え、記念行事のパーティーを開く準備を進めていたが、
「パーティー開催にかえて、予算を社会に役立つ商品開発に当てよう」とプロジェクトを始動しました。
時代はまさに再生紙やアルミ缶、牛乳パックの回収が生活に密着した問題として浮上し始めた頃。テーマは「再生文具」と決定しました。

ECOLOGICAL MIND

こうして1991年1月に初めて発表したシリーズは、再生紙を使ったノート、レター、バインダー、ファイル、消ゴム(スリーブ)、筆記(紙管)で、これに再生プラスチック製のペンケース、定規が後から加わりました。
当時こうした文具は再生文具と呼ばれましたが、シリーズは当時まだあまり知られていないエコロジーという単語を使い、「エコロジカルマインド」シリーズと命名されました。紙製品は全てエコマークの認定を取得しました。


シリーズ発売当初は、展示会や見本市で大々的に販促活動を行い、当社に追随して業界内でも何社かのメーカーが再生文具のシリーズを発売するのが目立ちはじめました。

リメーキングセット紙工房

この文具シリーズとほぼ時期を同じくして当社は、家庭で雑誌や新聞紙から再生はがきなどを作れるキット「リメーキングセット紙工房」を発売しました。
こうした製品は文具市場にはそれまで無かったもの。多くの注文が入り、社員には店頭実演にあちこちのお店から声がかかるほどのヒット製品となりました。


その後も毎年、当社はこの「エコロジカルマインド」の新シリーズを発表し続けています。 またシリーズ外でも数多くのエコロジー製品の開発に着手しました。 一度は進出してきた各メーカーも販売面の不振を理由にそうそうにエコロジー文具からは撤退し、この後しばらくはほとんど当社1社でエコロジーのさまざまな試みを続けて行くことになるのです。

以下にその主立ったものを年代順に列記しました。

■サンスター文具の歩み
1991
1月
「エコロジカルマインド」シリーズ第1弾発売
「リメーキングセット紙工房」発売
7月
エコロジーの資料ページがある92年版ダイアリー「エコロジー手帳」発売
10月
エコロジカルマインド」シリーズ第2弾新柄発売
12月
キャラクター付き再生文具「エコロジームーミン」シリーズ発売
 
1992
1月
大人の女性のための再生紙レターセット
「ラ・マチエール」発売
ラ・マチエール
5月
北米の間伐材を使用したボールペン「トゥイギー」発売
PET樹脂製「ハイクリーン下敷」発売
繰り返しFAXできる送信シート「クリファックスシート」発売
 
10月
「エコロジカルマインド」シリーズ第3弾発売
エコロジカルマインド
1993
9月
米環境団体のメンバーであるイラストレーター、レスリー・マックガーク女史が描く美しいイラストを使った文具シリーズ「アースウォッチ」を発売 素材として、海草からできた紙、トウモロコシからできた紙、ハイビスカス属1年草ケナフの繊維からできた紙などの非木材紙を使用
アースウォッチ
1994
7月
紙で紙を綴じる、針を使わないステープラー「ペーパーステッチロックZn」発売。その後ロングセラーの定番として定着する
ペーパーステッチロックZn
 
サトウキビの搾りかすを原料とする非木材紙(バガス)を使用した「エコロジカルマインド」シリーズ第4弾発売
日本で初めての塩ビを使用しない消ゴム「ハイクリーン消ゴム」を発売
 
10月
土中のバクテリアで1年半で分解する生分解性プラスチック製シャープ、ボールペン、筆入れを発売
生分解性プラスチック製シャープ、ボールペン、筆入れ
1995
11月
ジーンズの端切れでできた「エコ鉛筆ジーンズ」、給食トレイとおがくずからできた「エコ鉛筆リサイクル」を発売
エコ鉛筆リサイクル
1996
7月
「エコロジカルマインド」シリーズ第5弾発売
エコロジカルマインド
10月
東京都が条例「再生品利用ガイドライン」発表。
この条例発表の数ヶ月前からいったんは販売不振を理由に撤退していた文具メーカー各社が再びエコロジー文具市場の活性化を見越して開発を活発化させる。この前後は大手企業の名入れ景品としてエコロジー文具が全盛となる再生廃材を使用した鉛筆を発売
 
1997
4月
「容器包装リサイクル法」施行
7月
「エコロジカルマインド」シリーズ第6弾発売
 
1998
2月
日本経済新聞紙上に「2000年 文具材料に塩ビ使わず サンスター文具」の記事が掲載され、話題になる。当時のサンスター文具の塩ビ使用率は、全製品の50%以上
3月
食品容器を利用した再生スチロールのシャープ、ボールペン発売
 
6月
ディズニーでは世界初のエコロジー文具シリーズ「エコミッキー」発売、大ヒットする
エコミッキー
Disny
7月
毎年この時期に発売していた夏休み宿題工作を、この年から以降は、家庭で出る身近な廃材を利用して作るリサイクル工作に切り替えて販売する
8月
コンパクトディスク(CD)を再利用した「トジッパーエコロジ-」発売
9月
「エコロジカルマインド」第7弾ナチュラルシリーズ発売
 
1999
1月
分別廃棄に対応するはさみを発売
2月
再生ポリカーボネイトの筆記、再生PPの蛍光ペン、再生PSのペンケース、再生アクリルの定規をナチュラルシリーズとして追加発売
3月
分別廃棄対応ホワイトボード「ピラー」発売
 
8月
ディズニーのくまのプーさん柄「エコプー」シリーズ発売
エコプー
Disny
10月
分別廃棄できる学童筆入れを業界で初めて発売
 
2000
7月
塩ビ全廃の目標最終年度を迎えて、2000アイテムある製品、DP、包装材から100%塩ビ撤廃を達成
 
2001
4月
日経産業新聞紙上に「2004年全製品に 再生素材を使用 サンスター文具」の記事が掲載される
6月
ISO14001取得を宣言
10月
ISO14001取得活動開始。2002年4月認証に向け、現在取得中
 
2002
1月
アースウォッチ第1弾 発売
これまでのエコ文具を見直し、エコシリーズの核として全面リニューアル
アースウォッチ
2月
アースウォッチ第2弾 発売 より本格的な再生材成型品をラインナップに加える
3月
3月15日付けで国際標準化機構による環境マネジメント規格「ISO14001」の認証を取得。取組みからわずか5ヶ月という異例の短時間での認証を達成。
 
2003
3月
EMSプログラムでグリーン購入法該当アイテム・再生材使用・分別廃棄対応商品の開発目標を策定する。
 
2004
11月
WWFエコロジーシリーズ発売
アースウォッチに変わる新しいエコロジーシリーズとして開発。商品の売上の一部をWWFの自然保護活動に役立てられる他、写真家 岩合光昭氏の写真を起用。製品素材は可能な限り再生材を使うなど、本格的なエコロジー商品であるにも関わらず、おしゃれな見た目で、今までのエコロジー商品のイメージを一新させる。
 
2006
4月
ディズニーエコロジーシリーズ 新柄発売
ミッキー・ミニー・プーの柄の、シンプルなデザインのエコロジーシリーズを発売。オフィスでも使えるような飽きのこないデザインでおしゃれなエコロジー商品を提案。
ディズニーエコロジーシリーズ
Disny
2007
11月
キャップ付シュレッダーはさみ 発売
全樹脂重量中の再生樹脂重量が50%
グリーン購入法適合商品
キャップ付シュレッダーはさみ
2009
5月
7連刃シュレッダーはさみ 発売
全樹脂重量中の再生樹脂重量が40%
グリーン購入法適合商品
7連刃シュレッダーはさみ
2009
7月
安全練習はさみ 125mm 発売
全樹脂重量中の再生樹脂重量が40%
グリーン購入法適合商品
安全練習はさみ
2009
9月
シャーピッツ 発売
全樹脂重量中の再生樹脂重量が60%
グリーン購入法適合商品
シャーピッツ
2011
8月
ペーパーステッチロック スタンド 発売
針を使わない環境に優しいステープラー
ペーパーステッチロック スタンド
2015
7月
スティッキール ルーペ LK G 発売
環境配慮設計商品
スティッキール ルーペ LK G 発
8月
スタンド付ルーペ PRO リニューアル発売
台紙古紙配合率90%以上使用
スタンド付ルーペ PRO リニューアル発売
2016
2月
LaCut(ラカット) 発売
分別廃棄対応商品
LaCut(ラカット)

このページのトップへ戻る